image
Logo

夢だけ見て終わらない竹芝の未来について考えてみませんか?

2020年、竹芝は、竹芝地区開発計画の完成、東京オリンピック・パラリンピックの開催により、大きく変化します。
今、その時に向けて、新しい現代の都市生活を彩りうる「テーマ」と竹芝の「場」を組み合わせる ことによって、竹芝発の新たな湾岸ライフスタイル、新たな価値を創造・発信する場と機会をエリアマネジメント活動の中で生み出そうと考えています。
その第一歩としてトークイベントを開催します。

TALK SESSION

Pic
林 厚見
SPEAC Inc./東京R不動産

1971年東京生まれ。不動産のセレクトサイト「東京R不動産」、リノベーション・内装のプラットフォーム「R不動産toolbox」の運営の他、不動産・建築の開発や再生の企画・プロデュース・運営などを行う。新島ではカフェ+宿 saro の運営や島の未来ビジョンの立案にも従事。東京大学工学部建築学科、コロンビア大学不動産開発科修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、(株)スペースデザインを経て2004年より現職。共編著書に「東京R不動産2」「toolbox 家を編集するために」「だから、僕らはこの働き方を選んだ」等。

Pic
石渡 康嗣
WAT Inc.

1973 年京都生まれ。2004 年”futsalcafe KEL”、2010 年 “CAFE;HAUS”、2012 年”Bar Fill Up”などの大小様々なカフェ・バーの企画運営に携わる。2013 年「株式会社 WAT」を設立。2015 年清澄白河”Blue Bottle Coffee”や 2016 年蔵前”DandelionChocolate”のプロデュース・マネジメントにより、米西海岸のクラフトなブランドの新しい日本展開のあり方を示しながら、茅ヶ崎”CAFE POE”、大崎”cafe & hall ours”など地域に必要なコミュニティ・カフェを運営する。

Pic
宇田川 裕喜
BAUM LTD.

2010年、株式会社バウム設立。アイデア、デザインの力で「場」を生むことで企業や社会の課題解決や事業創出に取り組む。創業当初より街づくり分野に注力し、丸の内や渋谷エリアでの案件を担当。2012年より米国ポートランド進出。現地で街づくりの学校を開講するとともに、日本企業の国際戦略開発を現地デザインスタジオと共に展開。2016年からコペンハーゲンにも拠点を持つ。

PROGRAM


パネリストトーク
  • ・新島での活動の紹介
  • ・竹芝と新島の可能性
  • ・自然と近くに暮らすことに価値を置くポートランドの暮らし
  • ・新島の大自然とつながる竹芝のポートランド的な価値
クロージング・セッション
  • ・竹芝と島を融合させて生み出す、竹芝発の湾岸ライフスタイルとは?
  • ・今後の竹芝への期待、可能性
アフタートーク
  • ・一般社団法人竹芝エリアマネジメントのお披露目

お申し込み

 おかげさまで定員に達しましたので、参加募集を締め切らせていただきます。

満員御礼